痔の3つの種類・裂肛


痔の原因の大半を占めるのは便秘ですが、便秘に悩む女性に非常に多いのが裂肛(切れ痔)です。裂肛は文字通り、肛門が切れ裂けてしまう状態で、多くの場合強い痛みや出血を伴います。便秘による硬い便が肛門を傷つけたり、また頻繁な下痢で肛門付近の皮膚が炎症を起こしたりすることが原因で、知覚神経が届く場所だけに激しく痛むのが特徴です。特に、内部の括約筋にけいれんを誘発する場合があり、そうすると排便後数時間にもわたって痛みが続くこともあります。

裂肛の中でも大まかに二つの種類があり、単純性裂肛と慢性潰瘍性裂肛と呼ばれています。単純性裂肛は、裂肛の初期の段階であり、硬い便によって肛門に浅い切り傷ができている状態です。症状が軽いうちであれば、傷のできた表皮の再生力もあり、括約筋も傷ついていないので、患部清潔にし便秘を解消するなど、初歩的な対処で多くの場合良くなります。

しかし、単純性裂肛を放置していたり、何度も繰り返したりするうちに、裂けた傷がだんだん深くなり、炎症を伴うポリープや肛門潰瘍ができてしまう場合もあります。排便時の痛みはさらに強くなり、それが怖いので便意を我慢してしまいさらに便秘が悪化する、という悪循環に陥りやすい状態です。裂傷や痛みがひどくなると肛門括約筋が傷つき収縮して肛門が狭くなる「肛門狭窄」を起こす場合があり、細い便しか出せないなど排便がしづらくなるので、手術でポリープや潰瘍を取り除くこともあります。このように、裂肛は慢性化させてしまうと非常に厄介なので、できるだけ初期のうちに治療しておくことが望ましいでしょう。

      スポンサードリンク
     

当サイト人気コンテンツ

★ 原因と予防方法
★ 治療1・生活療法
★ 治療2・薬物療法
★ 治療3・外科的療法
★ 最新治療について


Copyright (C) 2007 痔の手術のすべて All Rights Reserved.